ネットバンク比較ネットバンクコラム>ネットバンクを利用する上で心がけたいセキュリティ対策

ネットバンクコラム

ネットバンクを利用する上でのセキュリティ対策

ネットバンクでは、銀行自体が様々なセキュリティ対策を実施していますが、預金者側も様々なネット被害にあわないためにはしっかりとしたインターネット利用に関するセキュリティ対策を行うべきです。ここでは、ネットバンクを利用する上で心がけておきたいインターネットセキュリティ対策を説明します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットバンク徹底比較.com

オンラインバンキングとネット犯罪

多くのユーザーがネットバンキング・オンラインバンキングの便利さは理解していても、ネットを使うということに対しての犯罪被害などにあうのではないか?という不安も持っているそうです。

ネットバンクなどではそれぞれしっかりとしたセキュリティ対策を行っており、預金者が犯罪被害にあわないように様々な取り組みをしていますが、ユーザー側でもしっかりとしたセキュリティ対策や意識をもっておくことが大切です。ここでは、ネットバンク・オンラインバンキングを利用する上でしっかりと心がけておきたいユーザー側(預金者側)のセキュリティ対策を解説していきます。

セキュリティソフトをパソコンに入れておく

まずは、パソコンにセキュリティソフト(ウイルス対策ソフト)をしっかりとインストールしておき、常に最新の状態を保っておきましょう。こうしたソフトをインストールしておくことで、パソコンから重要な情報を盗み出すスパイウェアといったウイルスなどの侵入を防止したり、侵入された場合でも駆除することができます。
有料のソフト(Nortonやウイルスバスターなど)もありますが、無料で利用できるウイルス対策ソフトもありますので、もし今パソコンにセキュリティ対策ソフトを入れていない場合はすぐに対策しましょう。「ネットセキュリティ.com:有料・無料のセキュリティソフト(ウイルス対策ソフト)のサービスを比較しています。」

ネットバンクのIDやパスワードは推測されにくいものにする

ネットバンクで申込の際に設置するIDやパスワードは誕生日や住所、郵便番号、電話番号など推測できるものとは別のものにしましょう。これはネットバンク、オンラインバンキングに限らず共通ですね。あと、パスワードはできれば定期的に変更するのが望ましいとされています。

IP制限サービスを利用する

IP制限サービスとは、一部のネットバンクが提供しているセキュリティサービスです。IPとは要するにネット上の住所のようなものです。IP制限とは、一部のIP以外のネットバンクへのアクセスを制限するということで、たとえば自宅のPCだけを許可すれば、他の場所からネットバンクへのログインを遮断することができ、高いセキュリティ対策となります。
一方で、自分も他の場所からログインすることができなくなるので、多くの場合は複数のIPからのログインを許可します。(たとえば、自宅・勤務先など)

不特定多数が利用するパソコンではログインしない

不特定多数が同じパソコンを利用する環境(たとえばネットカフェなど)では、ネットバンキング、オンラインバンキングの利用は控えましょう。スパイウェアがインストールされており、ログイン履歴が残ったり最悪の場合には、IDやパスワードなどが外部に漏れてしまう恐れがあります。
どうしても利用する必要がある場合は、パスワードや暗証番号などを入力する際には、以下のセキュリティボードを利用するようにしましょう。

暗証番号、パスワードはセキュリティボードを利用する

最近では、ほとんどのネットバンクや銀行で暗証番号やパスワードなどを入力するところに「セキュリティボード」と呼ばれる機能がついています。(見た目は下の画像を参照)


イーバンク銀行のセキュリティボード

上記の数字やアルファベットのところ(青地)をクリックするか、青地のところの上に書いてある英数字を打ち込めば青地のところの文字がパスワード・暗証番号として入力されます。これは「キーロガー」と呼ばれるスパイウェア対策となるもので、このセキュリティボードを利用することで、もしパソコンが不正なソフトに感染していても、パスワードの流出を防ぐことができます。

 

ネットバンクコラム一覧

 

 

 

>> おすすめネットバンクの総合ランキングはこちら <<

 

ネットバンクに対する口コミ情報を募集しております

当サイトでは、より中立な立場で銀行を紹介できるように、一般の利用者の方からネットバンク・銀行に対する口コミ情報を募集しております。
実際に、銀行を使ってみて感じた、良かった点や悪かった点などをぜひ、利用者の立場から教えてください。
>>口コミ投稿フォーム