ネットバンク比較ネットバンクコラム>ネットバンクのスイッチングコスト(既存銀行からの切り替え)

ネットバンクコラム

ネットバンクのスイッチングコスト

ネットバンクをはじめて利用するという場合、既存の都市銀行や地方銀行からの切り替えを行う必要があるわけです。実際に比較サイトを作ってみて感じた「ネットバンクにおけるスイッチングコスト(切り替えに関する金銭的・非金銭的なコスト)」について考えていきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットバンク徹底比較.com

スイッチングコストとは

スイッチングコストとは、サービスを着替える際にかかるコストのことです。このコストには金銭を伴うものだけでなく、面倒さや手間などの非金銭的なコストも含まれています。今回は普通の銀行とネットバンクへの切り替えをスイッチングコストという観点から考えていきます。

実際のところ、普通銀行からネットバンクへのスイッチングコストはほとんどないと思います。預金のほとんどは一回の手続きで済みます。つまり、今の銀行からネットバンクに送金手続きをするというたったそれだけでOKなのです。

一方で、ネットバンクになることによる、デメリットとして「店舗がない」などが主張されることがあります。

では、お聞きします。店舗に行かなければならない用事って過去1年に何回くらいありました?預金の振込みなどはすべてATMで行えます。入出金も当然ATMです。ここ1年間での窓口利用を考えてみると、私は結婚式の出席のためにピン札を用意するために行った1回だけです。
投資信託の購入や定期預金などの申込もネットバンクではオンラインで取引可能となっています。

つまり、窓口サービスを利用する必要性というのはごくわずかなわけです。こうした点からネットバンクへのスイッチングコストはきわめて小さいといえるのではないでしょうか?

こうしたネットのスイッチングコストの低下はかなり進んでいます。最もすすんでいるのがこの「ネットバンク」の分野と「ネット証券」の分野でしょう。この二つは取り扱いをしている商品がどのユーザーでも同じであり、投資家や預金者それぞれに対して個別にサービスを提供する必要性が小さいためです。
たとえば、金利1%の定期預金であれば、どの銀行で利用しても同じです。同じトヨタ自動車の株式であれば野村證券で買おうがSBI証券で買おうが物は同じです。
そうした場合にはネットの優位性が生まれてきます。

一方でネットへのスイッチングコストが高いのコンサルティングが必要な分野です。たとえば住宅ローンや生命保険などは金融の中でもそれぞれの人ごとにオーダーメイドする必要性があるためスイッチングコストは高めです。
ファイナンシャルリテラシーの高い人であれば、こうした住宅ローンや生命保険もネットに切り替えることができるのでしょうが、一般化したとはいえません。たとえば、定期保険終身保険の違いを理解できるか?解約返戻金とは何かわかるかなどです。こうした分野についてはライフネット生命のようにインターネットの生命保険通販サービスも出てきてはいますが、当初の期待ほどの規模にはなっていないように思います。
これはこの生命保険に対するスイッチングコストの高さが一つの要因として指摘されるでしょう。

話がだいぶそれましたが、ネットバンク(銀行サービス)は「金融サービス」の中でも非常にスイッチング(切り替え)するコストが安い金融サービスなのです。

 

ネットバンクコラム一覧

 

 

 

>> おすすめネットバンクの総合ランキングはこちら <<

 

ネットバンクに対する口コミ情報を募集しております

当サイトでは、より中立な立場で銀行を紹介できるように、一般の利用者の方からネットバンク・銀行に対する口コミ情報を募集しております。
実際に、銀行を使ってみて感じた、良かった点や悪かった点などをぜひ、利用者の立場から教えてください。
>>口コミ投稿フォーム