ネットバンク比較ネットバンクコラム>ネットバンクと預金保険制度

ネットバンクコラム

ネットバンクと預金保険制度

ネットバンクを利用する上で疑問として寄せられた質問にネットバンクはつぶれたときに預金が保護されないから怖いという投稿がありました。これは間違いで、ネットバンクも銀行ですから預金保険制度の対象となります。預金は1000万円とその利息までは預金保険機構により保護されています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットバンク徹底比較.com

ネットバンクは預金保険制度(ペイオフ)の対象か?

まず、結論から申し上げますが、ネットバンクも普通の銀行と同じようにペイオフ(預金保護制度)の対象となっており、預金保険制度に基づき、ネットバンクが破綻した場合も1000万円とその利息については保護されています。

預金保険制度は各金融機関が出資しており、預金者が金融機関に預金をすると自動的に保険がかかります。預金保険制度の対象となっている預金商品は以下の通りです。

ペイオフ(預金保険制度)の対象で全額が保護される商品
・決済性預金(当座預金など。無利息・要求払い・決済用という条件を満たした預金)

ペイオフ(預金保険制度)の対象となり1000万円までの元本とその利息まで保護される商品
・普通預金
・定期預金
・定期積立預金
・その他元本補填契約がある金銭信託

ペイオフ(預金保険制度)の対象外となる商品
・外貨預金

以上のようになっています。外貨預金だけはペイオフの対象外となっているので、十分に配慮する必要がありますが、それ以外の預金商品については、保険の対象となっていますので、仮にネットバンクが破綻した場合でも預金は確実に保護されます。

ちなみに、投資信託などの有価証券はペイオフの対象外商品となっていますが、そもそもこうした商品は分別管理されており、銀行の資産とは別に管理されているので破綻した場合であっても保護されています。

 

ネットバンクコラム一覧

 

 

 

>> おすすめネットバンクの総合ランキングはこちら <<

 

ネットバンクに対する口コミ情報を募集しております

当サイトでは、より中立な立場で銀行を紹介できるように、一般の利用者の方からネットバンク・銀行に対する口コミ情報を募集しております。
実際に、銀行を使ってみて感じた、良かった点や悪かった点などをぜひ、利用者の立場から教えてください。
>>口コミ投稿フォーム