ネットバンク比較ネットバンク一覧ジャパンネット銀行>トークンを使ったセキュリティサービス

ネットバンク一覧

トークンを使ったセキュリティサービス

ジャパンネット銀行では、セキュリティサービスとして「トークン」と呼ばれるセキュリティシステムを用意しています。トークンを利用することで、ネットでのセキュリティに不安がある方でも安心してオンラインバンキングを利用できます。

ジャパンネット銀行
ジャパンネット銀行公式ホームページ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットバンク徹底比較.com

ジャパンネット銀行の「トークン」とは何か?

トークンとは、ジャパンネット銀行が提供しているセキュリティサービスです。三井住友銀行でも同様のサービスが提供されています。口座を開設すると1つ送られてきます。


出所:ジャパンネット銀行
左の図がトークンの画像となります。キーホルダー状になっており、見て分かるとおり、6桁の数字が表示されています。
このパスワードは定期的(60秒ごと)に更新されるようになっています。パスワードを「ワンタイムパスワード」と呼びます。このようにパスワードを「トークン」所持者でないと分からないようにしているので、より高いセキュリティがかかるようになっているということです。

 

トークン(ワンタイムパスワード)があることによるセキュリティ上の安全性

トークン(ワンタイムパスワード)があることで、以下のような安全性が確保されます。

  1. スパイウェア(ウイルス)などに感染し、パスワードが流出したとしても、ワンタイムパスワードがもれなければログインされない。(スパイウェアとは
  2. 上記同様にフィッシングサイトなどに引っかかってパスワードを入力してしまっても、パスワードは一回きりなのでもれても問題ない。

 

ジャパンネット銀行
ジャパンネット銀行公式ホームページ

 

 

>> おすすめネットバンクの総合ランキングはこちら <<

 

ネットバンクに対する口コミ情報を募集しております

当サイトでは、より中立な立場で銀行を紹介できるように、一般の利用者の方からネットバンク・銀行に対する口コミ情報を募集しております。
実際に、銀行を使ってみて感じた、良かった点や悪かった点などをぜひ、利用者の立場から教えてください。
>>口コミ投稿フォーム