ネットバンク比較ネットバンクQ&A銀行サービス全般に関するQ&A>デビットカードとクレジットカードの違いは何ですか?

ネットバンクQ&A

デビットカードとクレジットカードの違いは何ですか?

デビットサービスという言葉をよく聞きます。銀行のデビットカードとクレジットカードとにはどのような違いがあるのでしょうか?同じVISAと書かれているのですが?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットバンク徹底比較.com

回答:デビットカードは銀行口座内の資金を使って買い物をするサービスです

クレジットカードは、商品を購入して支払いを後日するというカードです。
クレジットカード会社はカード利用者に対して与信を与えて、その与信枠の範囲で借金で買い物をさせてくれるサービスです。そのため、与信枠の範囲内なら保有する現金以上の取引ができます。

一方でデビットカードというものは、そのカードと紐付けされている銀行の口座にある残高でお買い物をするというものです。
残高は即時反映されますので、銀行に預けている預金の範囲内でしか取引できません。

そのため、デビットカードの場合は借金にはならないので未成年者は理由によってクレジットカードを使えない人でも利用できます。(しかもクレジットカードと同じようにショッピングカード番号も発行されるので、クレジットカード払いと同じようにネットショッピングも可能です(分割払いは不可・即時残高に反映)。)

 

 

>> おすすめネットバンクの総合ランキングはこちら <<

 

ネットバンクに対する口コミ情報を募集しております

当サイトでは、より中立な立場で銀行を紹介できるように、一般の利用者の方からネットバンク・銀行に対する口コミ情報を募集しております。
実際に、銀行を使ってみて感じた、良かった点や悪かった点などをぜひ、利用者の立場から教えてください。
>>口コミ投稿フォーム