ネットバンク比較銀行取引の基礎知識銀行の種類と特徴>新たな形態の銀行の特徴と比較

銀行の基礎知識

新たな形態の銀行の特徴と比較

新たな形態の銀行とは、金融庁の銀行区分で伝統的な都市銀行、地方銀行などに該当しない銀行という意味です。代表的なものが「ネットバンク」あとはATM決済を基本とした「セブン銀行」、商業施設との連携を基本とした「イオン銀行」などが代表的です。

ネットバンク徹底比較.com

新たな形態の銀行を使うメリット

新たな形態の銀行とは、従来区分に属さない新しいタイプの銀行と言う意味です。実務上では2000年に営業を開始した「ジャパンネット銀行」以降に新しく作られた銀行がこの「新たな形態の銀行」に属している。
それぞれの銀行でサービス内容が異なるため、ひととくくりにすることはできません。

一般には「ネットバンク(インターネット専業銀行)」「商業施設との連携を主とした銀行」「中小企業への融資を主体にする銀行」などがあります。個人に関連するのは前者2行です。

・ネットバンク(インターネット専業銀行)
当サイトでメインに取り上げている銀行です。インターネットを活用して高金利、安い手数料などのサービスが魅力です。「ジャパンネット銀行」「住信SBIネット銀行」「楽天銀行」などに代表されます。

・商業施設との連携を主とした銀行
セブン銀行、イオン銀行などの大手小売店との連携的なサービスを目的とした銀行です。

 

おすすめネットバンク ベスト3

ATM手数料や振込手数料が回数制限付きながら条件なしで実質無料にできるという決済性が強いネット支店です。給与振込口座に指定をすれば普通預金金利が0.1%にアップする点も非常に魅力的です。
※東京の第二地方銀行ですが、東京以外の方もご利用いただけます。
オンラインバンキングはセキュリティが心配・不安という方におすすめ。ワンタイムパスワードなどのセキュリティ対策が無料・充実
貯金専用の銀行としての活用がおすすめ!定期預金の預金金利水準が他の銀行と比較して高いです。しばらく使わないお金を安全に運用したい方におすすめの銀行

 

おすすめネットバンク
総合ランキングはこちら

 

ネットバンクに対する口コミ情報を募集しております

当サイトでは、より中立な立場で銀行を紹介できるように、一般の利用者の方からネットバンク・銀行に対する口コミ情報を募集しております。
実際に、銀行を使ってみて感じた、良かった点や悪かった点などをぜひ、利用者の立場から教えてください。
>>口コミ投稿フォーム