銀行の基礎知識

ネットバンキングの種類と特徴

ネットバンクの特徴である「インターネット」を使った銀行取引「ネットバンキング」というサービスはオンラインバンキングなどの名称で、都市銀行や地方銀行でも提供されています。ここでは、ネットを使った銀行を取引を「オンラインバンキング」「ネット支店」「ネットバンク」の三つに分類してそれぞれの違いと特徴を解説していきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットバンク徹底比較.com

オンラインバンキング

オンラインバンキングとは、都市銀行や地方銀行など普通の銀行が、サービスの一環として行っているサービスです。インターネットで残高照会や振込み、振り替えなどが可能です。振込み手数料などは一部優遇されている場合がありますが、基本的には銀行のサービスの一環として行われていますので、金利・手数料などは店頭と変わりません。
一部の銀行では、オンラインバンキングの利用について手数料(月額1000円程度)がかかることがあります。

 

ネット支店(インターネット支店)

ネット支店とは、一部の都市銀行などが提供しているサービスです。ネット支店と呼ばれる独自の支店に口座を開設したことになり、サービス体系自体が別のサービスが提供されます。たとえば、ネット支店に口座を開設した場合、通帳が発行されない、一部の店頭サービスが制限されるなどがあります。しかしながら、店頭サービスよりも優遇された預金金利を受けられたり、手数料が優遇されたりすることがあります。
また、銀行と別の業態の企業が提携してひとつのサービスを提供するためにネット支店(インターネット支店)を作っているケースも見られます。(例:スルガ銀行+全日空。三菱東京UFJ銀行+カブドットコム証券。など)

 

ネットバンク(ネット銀行・ネット専業銀行)

ネットバンク(ネット銀行・ネット専業銀行)とは、店舗や支店などを持つことなく、基本的にインターネット上でほとんどすべての銀行サービスを提供している銀行サービスのことを指します。支店や店舗を持たないため、そうしたコストがかからないため、金利が上乗せされたり手数料が高くなっていたりとメリットがあります。
基本的に当サイトで取り上げているのはこのネットバンク(ネット銀行)です。最近では、ネットバンクといっても単に手数料が安い、金利が高いというだけでなく、それぞれのネットバンクにおいて特徴的なサービスを提供することが多くなっています。
たとえば、運用に特化した銀行や他のインターネットサービスとの連携に力を入れているネットバンクなど様々です。

 

 

>> おすすめネットバンクの総合ランキングはこちら <<

 

ネットバンクに対する口コミ情報を募集しております

当サイトでは、より中立な立場で銀行を紹介できるように、一般の利用者の方からネットバンク・銀行に対する口コミ情報を募集しております。
実際に、銀行を使ってみて感じた、良かった点や悪かった点などをぜひ、利用者の立場から教えてください。
>>口コミ投稿フォーム