ネットバンク比較ネットバンクの選び方目的別ネットバンク比較>VISAデビットカードが使えるネットバンク比較

ネットバンクの選び方

VISAデビットカードが使えるネットバンク比較

VISAデビットカードというのは、VISAと銀行が提携したデビットカードです。

デビットカードとは、カードを使って銀行口座から直接出金するという支払方法です。クレジットカードのような後払いではないため、審査も不要。さらに、随時口座から出金される形になるので無駄遣いの原因ともならないと利用が急増しています。

ネットバンクにおいてもこのVISAデビットが利用できる銀行が増えていています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットバンク徹底比較.com

VISAデビットカードの仕組みを理解しよう

VISAデビットカードは、いわゆる「ブランドデビットカード」と呼ばれるクレジットカード会社の決済機能を利用したデビットカードです。クレジットカード会社がサービスの一部を提供していますがあくまでも「デビットカード」となります。

 

そもそもデビットカードって何?

そもそも、デビットカードとはどのようなカードなのでしょうか?
デビットカードは銀行が発行するカードで、預けている預金残高の範囲などで即時決済が可能なカードです。たとえば、銀行に30万円の預金を預けている場合、デビットカードで5万円分の買い物をしたら、買い物をした瞬間に口座から5万円が支払われるという即時決済のカードです。

もともと、日本には「J-debit(ジェイデビット)」というデビットカードがありましたが、こちらは使い勝手が悪いなどの問題であまり浸透していませんでした。J-Debitの問題は使える時間の制限、加盟店(利用可能店舗)の少なさなどが挙げられていました。こんな問題を解決するために近年登場して急速に増やしているのが「ブランドデビットカード」です。

 

ブランドデビットカードとは?

ブランドデビットカードはクレジットカードの「国際ブランド」と呼ばれる会社が決済機能を提供しているデビットカードです。
たとえば、このページで紹介しているか「VISA(ビザ)」は世界中でクレジットカードの加盟店を持つ最大のカードブランドです。

ブランドデビットカードはこうしたVISA(国際ブランド)の決済機能を借りる形で、デビットカードサービス(即時口座決済)を行うことができるカード(キャッシュカード)なのです。

 

クレジットカードとの違いは?

デビットカードの場合はあくまでも「即時払い」なので審査が不要です。VISAデビットカードの発行が可能な銀行口座を持っていればだれでも作ることができます。通常クレジットカードを作れない未成年の方や何らかの理由でクレジットカードの審査が通らない人もデビットカードなら利用可能です。

また、一部のブランドデビットカードはクレジットカードと同じようにポイント制度を提供しているところもあり、現金決済よりお得です。

一方で、クレジットカードのように後払いではないため、口座に残高がある範囲でしか利用ができないというデメリットもあります。また、デビットカード(即時決済)という都合上、その都度決済をする必要があるため、定期購読や月会費などの支払いには利用できないこともあります。

ちなみに、ブランドデビットカードとしてはVisaが主流ですが、2014年秋にはJCBも同様のサービスを開始しています。JCBブランドによるデビットカードについては「JCBデビットカード比較」のページをご覧ください。

 

VISAデビットカードを比較

VISAデビットカードはネット銀行を中心にいくつかの銀行がサービスを展開しています。

最近ではVISAデビットカードをめぐるサービス競争も激しくなっており、銀行ごとにポイントプログラムやそのほか付加サービスの提供などを行っています。

JNB Visaデビット

キャッシュカード一体型のVisaデビットカードです。入会審査は無し、満15歳以上の方ならだれでも作ることができます。年会費はもちろん無料です。
第三者の不正利用された場合には1口座あたり年間500万円まで補償される保険が無料で付帯しています。

以前はポイントなしでしたが、他社がポイント還元を提供しているのでわずか(0.2%)のポイントを付けるようになっています。

最大の特徴は「カードレスVisaデビット」のサービス。使い捨てが可能なカード番号を発行できるもので、カード番号を教えるのがいやな相手とのお買い物にも便利です。

未成年:15歳以上OK
ポイントプログラム:500円あたり1JNBスター(1円)
年会費:無料

>>ジャパンネット銀行の詳細情報はこちら

ソニーバンクWALLET

ソニー銀行のキャッシュカード一体型のVisaデビットカードです。年会費無料。0.5~2.0%の還元(利用額のキャッシュバック)に加え、ソニー銀行の外貨預金の残高からそのまま支払うことができるという外貨決済機能が魅力です。

海外のVISA加盟店ならソニー銀行の外貨預金の預金残高でお買い物ができます。普通のクレジット決済と比べて安い手数料(為替手数料)で取引できるのは大きな魅力です。

未成年:15歳以上OK
ポイントプログラム:国内利用額の0.5~2.0%キャッシュバック
年会費:無料

>>ソニー銀行の詳細情報はこちら

住信SBIネット銀行Visaデビット付キャッシュカード

住信SBIネット銀行が2016年よりサービス開始をしたVisaデビットカードです。年会費無料で利用金額に応じた定額ポイント付与があります。

また、ソニーバンクウォレットと同様に外貨預金をそのまま決済可能なサービスが提供されています。利用可能なのは米ドルのみですが、それでも利用価値は高そうです。国内のデビットカードでは初となる、海外でのタッチ式の決済システムにも対応しています。

未成年:15歳以上OK
ポイントプログラム:0.3%+利用金額に応じて半年に一度追加ポイント
年会費:無料

>>住信SBIネット銀行の詳細情報はこちら

楽天銀行デビットカード
ショッピング保険が無料付帯するほか、1000円の利用ごとに5ポイント(5円相当)のポイントがたまるようになっています。不正利用に対する補償保険が付帯。
年会費は1029円

楽天銀行デビットカードゴールド
年会費がかかりますが、ショッピング保険が無料付帯するほか、1000円の利用ごとに5ポイント(5円相当)のポイントがたまるようになっています。不正利用補償に加え、Visaデビットカードで購入した商品に対するショッピング保険も付帯します。
年会費は3086円

未成年:15歳以上OK
ポイントプログラム:国内利用額の0.5~2.0%キャッシュバック

>>楽天銀行の詳細情報はコチラ

 

シンプルなサービスを望むのであればジャパンネット銀行のJNB Visaデビットカードがお勧めです。楽天銀行のVisaデビットは特典もついており、面白いと言えば面白いですが、ここまでの年会費を支払うのであれば、普通に年会費無料のクレジットカードを持った方が良いような気がします。

 

 

>> おすすめネットバンクの総合ランキングはこちら <<

 

ネットバンクに対する口コミ情報を募集しております

当サイトでは、より中立な立場で銀行を紹介できるように、一般の利用者の方からネットバンク・銀行に対する口コミ情報を募集しております。
実際に、銀行を使ってみて感じた、良かった点や悪かった点などをぜひ、利用者の立場から教えてください。
>>口コミ投稿フォーム