ネットバンク比較ネットバンクの選び方目的別ネットバンク比較>法人口座・ビジネス口座でネットバンクを比較

ネットバンクの選び方

法人口座・ビジネス口座でネットバンクを比較

ネットバンクはいまや多くのユーザーに利用されている銀行であり、法人・個人事業主向けにも様々なサービスを提供しています。特に最近では法人・事業でもネットを使った取引が多い分、ネットバンクも広く活用できます。

振込手数料などのコストを抑えることにもつながりますし、ECサイトなどを運用している方はネットバンクの口座も持っておくと利用者からのウケも良いはずです(同じ銀行同士なら振込手数料無料などの恩恵があるため)。

ここでは、法人口座やビジネス口座(ビジネスアカウント)に便利なネットバンクとそぞれのサービス、手数料を比較していきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットバンク徹底比較.com

銀行のネットバンキングサービスと法人料金

通常、銀行が提供する法人向けのサービスは個人向けサービスと比較して、手数料や利用料などのコストが高いのが一般的です。ネットバンキングでも同じで、ほとんどの銀行では、法人でネットバンクを利用する場合、利用手数料がかかる場合がほとんどです。法人料金という言葉のとおり、お高いコストを支払う必要があるわけです。

たとえば、三菱東京UFJ銀行の場合ネットバンキングの手数料は2,100円/月(個人は条件付無料)かかります。他にも多くの都市銀行、地方銀行でも同様に、多くの場合ネットバンキングを利用すると手数料がかかってしまいます
法人でのオンラインバンキングサービスは個人とは使ってお金がかかるのが問題です。

しかしながら、法人こそ、入出金確認や多くの振込みなどでネットバンキングに関する利用が多いのです。
月々数千円といえど、積み重なると高額になります。多くの企業でコスト削減も至上命題となっている状況で無駄なコストは払いたくないものですよね。

 

ネットバンクなら、ネットバンキングもローコストで利用可能

多くの都市銀行・地方銀行では有料となるネットバンキングですが、ネットバンクならこれらのコストもほとんどかけることなく利用可能です。口座維持手数料が無料になるだけでなく振り込み手数料などかなり有利です。
法人の場合、決まった銀行ではなく、色々な銀行に振込をしなければいけない機会も多いかと思います。

ビジネスを展開している地域の地方銀行だけでなく、ネットバンクにも口座をもって使い分ければ振込手数料などのコストも抑えることができるはずです。

月に50件の振り込みがあるとして、1回あたり200円のコスト削減ができれば月一万円、年十二万円のコスト削減が可能です。ネットバンク法人口座(ビジネス口座)は振込手数料といったコストの大幅削減にも貢献できます。

 

デビットカードの機能もあるとビジネスが便利になる

法人でのお金の決済もクレジット取引が増えてきました。
特にネット広告の支払いやネット通販などで買い物をするときはクレジット決済が手数料も安くもっともスピーディーな取引が可能になります。

そんな中で、法人用のクレジットカード(法人カード・ビジネスカード)はどちらかというと審査は厳しめで、開業すぐの法人や個人事業主だとなかなか審査に通らず、クレジットカード決済ができないというっ声もよく聞きます。そういう時に役立つのがデビットカードです。

クレジット決済のシステムを利用したブランドデビットと呼ばれるデビットカードなのでクレジットカード決済の代わりに利用可能です。 デビットカードは口座残金の範囲でしか取引できないので審査不要でカードを持てるので企業したてでもすぐに利用ができます。

 

ネットバンクの法人口座(ビジネスアカウント)対応状況

以下ではネットバンクの法人口座(ビジネスアカウント)に関する対応状況の一覧とコストについて比較していきます。

銀行名
法人口座・ビジネス口座の特徴

口座維持手数料無料で利用可能です。法人口座の場合は登記簿謄本と印鑑証明で口座開設できます。
法人口座開設の容易さと言う面では最も簡単です。

一方で営業性個人口座(個人事業主やフリーランス)の開設はできません。

口座維持手数料:無料
他行振込手数料:160-250円
法人口座:○
個人事業主口座:×
デビットカード機能:○(法人のみ)

>>住信SBIネット銀行 (法人口座)の詳細情報はこちら

個人事業主でも屋号で口座開設可能(営業性個人)。ビジネスアカウント(法人口座)開設にはホームページを運営していることという条件があります。(無くてもできる場合があるそうですが、ない場合は口座開設審査でNGとなる場合もあります)

個人事業主の場合は個人名でも屋号でも振り込み等の対応ができるので個人事業主やフリーランスの方に高い人気があります。

VISAデビットカードを無料で申し込みすることができます。

口座維持手数料:無料
他行振込手数料:168-262円
法人口座:○
個人事業主口座:○
デビットカード機能:○(法人・個人)

>>ジャパンネット銀行 (法人口座)の詳細情報はこちら

法人向けの法人ビジネス口座と個人事業主(個人)としての個人ビジネス口座の2種類のビジネス口座があります。

個人ビジネス口座の場合は「屋号+個人名」の表記となり、個人名は消せません。

JCBデビットカードの発行も可能ですが、ビジネス口座では法人口座のみ利用可能です。

口座維持手数料:無料
他行振込手数料:168-262円
法人口座:○
個人事業主口座:○
デビットカード機能:○(法人のみ)

>>楽天銀行のビジネス口座の詳細情報はこちら

ゆうちょ銀行

口座維持手数料無料で利用可能です。

口座開設はお近くのゆうちょ銀行(郵便局)で行えます。
法人口座の場合は登記簿謄本と印鑑証明、主要株主名簿(株式会社の場合)、来店者の本人確認書類とその会社で働いていることを証明できるものが必要です。

個人の場合は総合口座ではなく「振替口座」として屋号での口座を開設可能です。

口座維持手数料:無料
他行振込手数料:216-432円
法人口座:○
個人事業主口座:△
デビットカード機能:×

>>ゆうちょ銀行

三菱東京UFJ銀行

法人口座の開設は可能ですが、口座維持に手数料がかかります

>>三菱東京UFJ銀行

三井住友銀行

法人口座の開設は可能ですが、口座維持に手数料がかかります

>>三井住友銀行

みずほ銀行

法人口座の開設は可能ですが、口座維持に手数料がかかります

>>みずほ銀行

りそな銀行

法人口座の開設は可能ですが、口座維持に手数料がかかります

>>りそな銀行

 

 

法人なら住信SBIネット銀行。個人事業ならジャパンネット銀行

法人としてのネットバンク利用なら住信SBIネット銀行がおすすめ。振込手数料などの手数料も安く使い勝手も良いと思います。一方、個人事業主のケースならジャパンネット銀行がお勧めです。
実はゆうちょ銀行もオンラインバンキングの手数料は無料で使えます。ゆうちょ銀行は日本最大の金融機関です。
個人を相手に商売をされているのであれば、抑えておきたい銀行とも言えるでしょう。

また、ECサイトを運営しているなどして、入金先をECサイトごとに分けたいというような場合、ジャパンネット銀行だと複数の口座を作って一元管理することができるのでどこのサイトから入金されたのかが分かって便利です。

あとは、ゆうちょ銀行も地味にお勧めです。郵便局を利用する方は意外と多く、法人同士の決済であったもゆうちょ銀行間なら月5回まではオンラインバンキングでの振込手数料が無料となるのは嬉しいです。

 

 

>> おすすめネットバンクの総合ランキングはこちら <<

 

ネットバンクに対する口コミ情報を募集しております

当サイトでは、より中立な立場で銀行を紹介できるように、一般の利用者の方からネットバンク・銀行に対する口コミ情報を募集しております。
実際に、銀行を使ってみて感じた、良かった点や悪かった点などをぜひ、利用者の立場から教えてください。
>>口コミ投稿フォーム