銀行の基礎知識

銀行の種類と特徴

銀行と一口に言っても実は様々な種類があります。ここでは銀行の種類と特徴についてを「都市銀行」「地方銀行」「信託銀行」「外国銀行」「新たな形態の銀行」の5種類に分類してそれぞれの銀行ごとの特徴や違いについて分かりやすく説明していきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットバンク徹底比較.com

銀行は色々な種類がある。どうやって選ぶべきなのか?

銀行には様々な特徴があります。
全国的なサービスに強い「都市銀行」、それぞれの都道府県に強い「地方銀行」、ネット取引に強い「ネットバンク」、信託業務などに強い「信託銀行」。

私たちはこうした銀行と上手に付き合っていく必要があります。都市銀行の方が規模が大きいから地方銀行よりもすべての面で勝っているというわけではありません。たとえば、福岡であれば三菱東京UFJ銀行よりも福岡銀行の方が福岡県内では支店の数もATMの数も大きく上回っています。

一人1銀行と決まっているわけではないので、目的別、用途別に使う銀行を使い分ければいいのです。

たとえば、転勤が多い方なら都市銀行をメインバンクとしておき、転勤先の県の地方銀行も作り、そちらの地銀を生活用の銀行にするといったつかいかたもあるでしょう。

逆に、転勤がほとんどないという方であれば、都銀は不要で、地方銀行とネットバンクだけで十分という方もいあるかもしれません。

他にも、相続等の関係で信託銀行との付き合いが必要という方も多いことでしょう。

こにょうにそれぞれの銀行の特徴やサービスを理解してどういった銀行を使うようにするかを考えましょう。

 

銀行の種類とそれぞれの銀行の特徴、サービスを知ろう。

銀行と一口に言う場合でも、都市銀行や地方銀行、信託銀行など様々な種類があります。こうした違いについて皆様どのように理解されているのでしょうか?ここでは、それぞれの銀行の種類・特徴だけでなく、どのような目的を持っている人に向いているのかまで含めて解説していきます。

都市銀行 全国的なサービス網に強み

都市銀行とは、全国規模で銀行サービスを提供する銀行です。多くの場合国際的な取引も行います。定義上は大都市に本店を構えて全国に支店展開している銀行と言うことになります。一般的にはメガバンクとも呼ばれる「三菱東京UFJ銀行」「みずほ銀行」「三井住友銀行」が含まれます。
>>都市銀行

地方銀行 それぞれの根ざした地域に強み

地方銀行とは地方都市に密着する銀行と言う意味で、地方都市に本店を構え、その県内を主要な商圏とする銀行です。地方銀行と第2地方銀行に分類されます。県内には強みがありますが、広域的なサービスとなると都市銀行には劣ります。地域密着型のサービスを提供します。
>>地方銀行

信託銀行 相続や不動産仲介などに強み

通常の銀行業務に加えて「信託業務」を行うことが許されている銀行です。金銭信託、有価証券信託、土地信託などの信託の他、不動産の売買仲介、証券代行業務、相続関係業務などを行います。土地活用、不動産業務などのコンサルティング業務に強みがあります。
>>信託銀行

外国銀行

外国銀行とは日本国外に本店がある銀行です。ちなみに、日本に在日法人を設立して本店を日本においている場合は外国銀行に含まれず、日本の銀行として扱われます(シティバンク銀行など)。外国銀行の場合、注意したいのは日本の預金保険制度であるペイオフの対象外となってしまう点です。
>>外国銀行

新たな形態の銀行 ネットバンク等

新たな形態の銀行とは、金融庁の銀行区分で伝統的な都市銀行、地方銀行などに該当しない銀行という意味です。代表的なものが「ネットバンク」あとはATM決済を基本とした「セブン銀行」、商業施設との連携を基本とした「イオン銀行」などが代表的です。
>>新たな形態の銀行

 

 

>> おすすめネットバンクの総合ランキングはこちら <<

 

ネットバンクに対する口コミ情報を募集しております

当サイトでは、より中立な立場で銀行を紹介できるように、一般の利用者の方からネットバンク・銀行に対する口コミ情報を募集しております。
実際に、銀行を使ってみて感じた、良かった点や悪かった点などをぜひ、利用者の立場から教えてください。
>>口コミ投稿フォーム