ネットバンク比較銀行取引の基礎知識銀行の種類と特徴>新たな形態の銀行の特徴と比較

銀行の基礎知識

新たな形態の銀行の特徴と比較

新たな形態の銀行とは、金融庁の銀行区分で伝統的な都市銀行、地方銀行などに該当しない銀行という意味です。代表的なものが「ネットバンク」あとはATM決済を基本とした「セブン銀行」、商業施設との連携を基本とした「イオン銀行」などが代表的です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットバンク徹底比較.com

新たな形態の銀行を使うメリット

新たな形態の銀行とは、従来区分に属さない新しいタイプの銀行と言う意味です。実務上では2000年に営業を開始した「ジャパンネット銀行」以降に新しく作られた銀行がこの「新たな形態の銀行」に属している。
それぞれの銀行でサービス内容が異なるため、ひととくくりにすることはできません。

一般には「ネットバンク(インターネット専業銀行)」「商業施設との連携を主とした銀行」「中小企業への融資を主体にする銀行」などがあります。個人に関連するのは前者2行です。

・ネットバンク(インターネット専業銀行)
当サイトでメインに取り上げている銀行です。インターネットを活用して高金利、安い手数料などのサービスが魅力です。「ジャパンネット銀行」「住信SBIネット銀行」「楽天銀行」などに代表されます。

・商業施設との連携を主とした銀行
セブン銀行、イオン銀行などの大手小売店との連携的なサービスを目的とした銀行です。

 

 

>> おすすめネットバンクの総合ランキングはこちら <<

 

ネットバンクに対する口コミ情報を募集しております

当サイトでは、より中立な立場で銀行を紹介できるように、一般の利用者の方からネットバンク・銀行に対する口コミ情報を募集しております。
実際に、銀行を使ってみて感じた、良かった点や悪かった点などをぜひ、利用者の立場から教えてください。
>>口コミ投稿フォーム