ネットバンク比較ネットバンク一覧新生銀行>新生ステップアッププログラム

ネットバンク一覧

新生ステップアッププログラム / 新生銀行

新生銀行の会員サービスです。口座を開設することで無条件に加入することになります。預金残高や利用状況により、スタンダード・ゴールド・プラチナの3種類の会員ランクがあります。会員ランクがアップするほど、手数料が安くなったり、預金金利がプラスされたりします。

新生銀行
新生銀行公式ホームページ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットバンク徹底比較.com

新生ステップアッププログラムの特徴と評価

新生ステップアッププログラムは、新生銀行の会員サービスの一つです。「スタンダード」「ゴールド」「プラチナ」の3つのランクが用意されており、それぞれのランクに応じて様々な特典を受けることができます。(なお、同プログラムは特別な申請や登録をしなくても、口座を開設していれば自動的にエントリーされます)

 
プラチナ
ゴールド
スタンダード
条件 総資産2000万円以上
指定投資商品残高300万円以上
住宅ローン利用
総資産200万円以上
指定投資商品残高30万円以上
普通預金等残高100万円以上
ローン利用残高100万円以上
なし
ATM利用手数料 無料 無料 無料
他行振込手数料 10回(超過100円/回) 5回(超過200円/回) 1回(超過300円/回)
定期預金金利 優遇(大) 優遇(小) 優遇なし
外貨預金手数料 50%オフ 25%オフ 優遇なし
住宅ローン優遇 手数料無料 手数料2.5万円引き 優遇なし
備考

総資産とは、新生銀行に対する預かりを指します。
所定投資商品とは以下の商品を指します。

  1. 外貨普通預金・外貨定期預金
  2. 仕組預金
  3. 投資信託(国内籍・外国籍)
  4. 保険商品
  5. 金融商品仲介(新生証券・楽天証券の商品

 

新生銀行で「ゴールド」以上の会員資格を目指す

新生銀行は「ゴールド」の会員資格にアップすることができれば、「振込手数料が5回まで無料」になるなどかなり特典が大きくなります。特に、ゴールドくらいまででしたら、普通預金の100万円以上預金しておくだけでOKです。これだけで他行に対する振込み手数料は月5回まで無料になり、ネットバンクでは最多となります。

同じように住信SBIネット銀行楽天銀行も振込手数料の無料サービスを行っていますので、こうした銀行との組み合わせも含めて考えると良いでしょう。


また、住宅ローンを組む場合は自動的にプラチナ会員となりますので、ぜひ活用しましょう。新生銀行の住宅ローンサービスについては「新生銀行(住宅ローン比較)」のページをご参照下さい。

 

新生銀行
新生銀行公式ホームページ

 

 

>> おすすめネットバンクの総合ランキングはこちら <<

 

ネットバンクに対する口コミ情報を募集しております

当サイトでは、より中立な立場で銀行を紹介できるように、一般の利用者の方からネットバンク・銀行に対する口コミ情報を募集しております。
実際に、銀行を使ってみて感じた、良かった点や悪かった点などをぜひ、利用者の立場から教えてください。
>>口コミ投稿フォーム