ネットバンクQ&A

ATMとCDの違いは何?

銀行やスーパーなどにはお金をおろせるATMやCD(キャッシュディスペンサー)がありますが、この二つの違いは何なのですか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットバンク徹底比較.com

回答:ATM(多くの事が可能)、CD(預金引き出しのみが可能)

ATMは「Automated Teller Machine」の略です。Tellerというのは「窓口業務」のことを指します。
つまり、自動銀行窓口装置という意味ですね。

そのため、ATMでは、銀行預金の払い戻し(引き出し)以外にも、定期預金への振り替え、振り込みなど様々なことが可能になっています。

一方のCDは「Cash Dispenser」の略です。これはCash(現金)、Dispenser(取り出す)という意味でお金を取り出すための機械、要するに預金の払い戻しのみを受け付ける機械となります。

現金を引き出すだけという目的ならどちらも同じように使えますが、振り込みなどをやりたいという場合にはATMでなければならないということになります。

 

 

>> おすすめネットバンクの総合ランキングはこちら <<

 

ネットバンクに対する口コミ情報を募集しております

当サイトでは、より中立な立場で銀行を紹介できるように、一般の利用者の方からネットバンク・銀行に対する口コミ情報を募集しております。
実際に、銀行を使ってみて感じた、良かった点や悪かった点などをぜひ、利用者の立場から教えてください。
>>口コミ投稿フォーム