銀行の基礎知識

銀行振込の手続き・方法

銀行振込というのは他の銀行口座にお金を移すことです。様々な料金の支払い等に銀行振込が利用されます。また、振込は窓口、ATM、オンラインバンキングで利用可能となっています。ここでは、銀行振込のやり方とその時に絶対に抑えておきたい注意点、手数料を抑えるためのポイントなどを説明していきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットバンク徹底比較.com

はじめての銀行振込

銀行振込というのは実はやってみるとそんなに大変なものではありません。

ただ、これまで一度もそういったことをしてきていないという方にとって、銀行振込というのは結構ハードルが高い手続きに感じられるようです。ここでは、銀行は始めて使うという方でもわかりやすく銀行振込をするやり方、手数料、ポイントなどを説明していきます。

 

銀行振込とは?

銀行振込というのはある銀行口座から別の銀行口座にお金を移すことを指します。どちらも本人名義の口座でも別の口座なら振込となります。もちろん他人相手でも振込となります。基本的には「自分の銀行口座に入っているお金」を振り込みます。

ただし、10万円以下であれば、窓口、ATMでそのまま振込をすることができます。現金振込についてはマネーロンダリング等の温床となるなどの問題から基本的には推奨されていません。ATMでは10万円まで、一部ATMでは利用できない場合があります。

 

振込をするにあたって必要な相手(振込先)の情報

銀行振込をするにあたっては下記の情報が必要となります。

  1. 振込先の銀行名
  2. 支店名
  3. 口座種別(普通 or 当座)
  4. 口座番号
  5. 名義(名前)

以上です。「○銀行、××支店 普通 12345678 ヤマダタロウ」といった感じになります。

 

銀行振込を行える場所は?「店頭窓口」「ATM」「オンラインバンキング」

銀行振込は「店頭窓口」「ATM」「オンラインバンキング」の三つの窓口で利用することができます。
手数料考えるとオンラインバンキング>ATM>店頭窓口の順となります。

窓口 振込方法、手続きの流れ
店頭窓口

通帳をもって窓口に行きます。出金伝票と振込伝票の両方に必要事項を記載します。
手続きとしては下のATMを使う方が楽ですし、手数料も安いのであまりおすすめはしません。窓口があいている時間であればATMで振込のやり方を教えてほしいといったら教えてくれるはずですよ。

用意するもの
・通帳
・印鑑
・身分証明

ATM

キャッシュカードや通帳を使ってATMを通じて振込をする方法です。

ATMにキャッシュカードor通帳を入れます。
その後「振込」というボタンがあるはずなのでそれを押して、相手先の口座番号等の必要情報を入力、振り込みたい金額を入力して完了です。(途中であなたの銀行口座の暗証番号が聞かれます)

用意するもの
・キャッシュカード

オンラインバンキング

銀行のホームページやスマートフォンアプリなどを通じて振込をします。
オンラインバンキングのページにログインした後は、ATMのケースと同じです。
振込をするというボタン(ページ)があるはずなので、そこで相手先の口座番号等の情報と振り込みたい金額を入力して送信します。

用意するもの
・オンラインバンキングのログイン情報
・暗証番号・パスワード

 

銀行振込に関するQ&A

以下は銀行振り込みでよくある質問です。

 

 

>> おすすめネットバンクの総合ランキングはこちら <<

 

ネットバンクに対する口コミ情報を募集しております

当サイトでは、より中立な立場で銀行を紹介できるように、一般の利用者の方からネットバンク・銀行に対する口コミ情報を募集しております。
実際に、銀行を使ってみて感じた、良かった点や悪かった点などをぜひ、利用者の立場から教えてください。
>>口コミ投稿フォーム